ばんせいグループの保険コミュニティ  


保険コミュニティとは 相談の流れ 店舗リスト ライフイベント別保険設計のススメ こんな時にも契約後のフォロー よくある質問会社概要 採用情報 取扱保険会社 プライバシーポリシー

 

退職時には、自身の資産状況を考慮するとともに今後入ってくる収入と支払い続ける支出とをチェックし、計画性を持った生活設計を立てる事が重要です。そのためにも、生命保険の見直しや比較は必須になります。

ムダを省き豊かな老後生活を考え、最終的な見直しをお考え下さい。通常、この時期には、子供はすでに独立しており、万一の場合の家族の生活資金を準備する死亡保障はそれほど必要ではなくなっているため、生命保険で準備する必要がある保障金額や保障内容が現役時とは異なってくるのです。
おすすめとして、死亡保障は最低限の葬祭費用の準備をし、病気やケガでの入院・手術に備える医療保障を充実させることです。

ポイント

老齢年金が支給される年齢も近づき、死亡保障についても自身の死後における整理に必要な程度の資金を確保できれば問題ないでしょう。
自身の入院や手術に備えるため、医療保障の必要性が高まります。
豊かな老後を送るためには、公的年金とあわせて自助努力も必要です。老後生活費のために積立保険(養老保険・個人年金保険)へ加入するのも良いでしょう。