ばんせいグループの保険コミュニティ ばんせいグループの保険コミュニティ  


保険コミュニティとは 相談の流れ 店舗リスト ライフイベント別保険設計のススメ こんな時にも契約後のフォロー よくある質問会社概要 採用情報 取扱保険会社 プライバシーポリシー

 

社会人になるということは、経済的には親から独立するため、人生に対する自己責任が必要になります。
未成年又は学生の時は、多くの場合、親が子供のために保険に加入することがほとんどですが、一社会人ともなると自分の保障は、自分で加入するのが原則です。

今用意する万一の場合の保障は、それ程多くは必要はありませんが、社会人になるまで養育した親への恩返しが必要となります。
また、病気やケガに対するリスクは、年齢に関係なく発生します。入院などすると多額の自己負担が必要になる事があります。
その時に困らないように、また、親にも負担を掛けないためにも「医療保険」をしっかり選ぶことをおすすめします。

何より保険料も若いうちに加入されると軽い負担となります。
おすすめとして、社会人としての自覚と自己責任意識を持つためにも医療保険を中心に最低限の死亡保障を準備して下さい。

ポイント

まだ独身の時期は遺族に対する死亡保障の必要性は低いと考えられます。
通常、保険は契約時の年齢で保険料が決まるため、同じ商品や保障額で比較した場合、若い時期に加入する方が一般的に保険料も安くなります。将来のことを考えて早めに安心できる保障を手に入れることも大切でしょう。
自身の病気やケガによる入院時の保障を準備しておくのも良いでしょう。