ばんせいグループの保険コミュニティ ばんせいグループの保険コミュニティ  


保険コミュニティとは 相談の流れ 店舗リスト ライフイベント別保険設計のススメ こんな時にも契約後のフォロー よくある質問会社概要 採用情報 取扱保険会社 プライバシーポリシー

 

大切なお子様が将来必要となる資金と必要な時期を考えて「何に」・「どれくらい」・「いつまでに」準備するかが大事です。親の責任として、お子様が学校を卒業して独立するまでの養育費や学費を準備しておく必要があります。

一家を支える者として万一の時には、残された家族の生活費と子供が成人・独立するまでの養育費を準備できるように、その期間の必要資金を考慮した充分な死亡保障の確保が必要です。
突然の入院による医療費の負担と収入減に備えての医療保険の準備は万全にしておく必要があるでしょう。 一生涯の保障とお子様が独立されるまでの手厚い保障をバランスよく考えておくことが大切です。

父親の年齢、退職時期も考慮しながら総合的なライフサイクルでの見直しが必要です。家族が増えて責任が一気に高まるこの時期にトータルな保障準備をすることをおすすめします。
また、お子様の確実な学資金準備には、こども保険や貯蓄性の高い商品で用意したり、医療保険については、一生涯の保障がある低廉な保険料の商品を選択したり、将来的には入院費用など多額になるガンへの備えとしてお手頃なガン保険も併せて準備します。

ポイント

お子様が成人・独立するまでの期間は、世帯主の死亡保障を確保する必要があります。お子様が成人するまでに必要とする費用が保障額のベースになりますが、成人前の子供がいる場合には、一般的に公的保障も増額されるので、その点も考慮して保障額は検討しましょう。
お子様の教育費がどのくらいかかるのか推測することも大事です。子供が幼少のうちから計画的に教育資金を準備できる学資保険を検討するのも良いでしょう。
お子様が入院した場合の保障も準備しておくと万全です。